数珠と香典

葬儀の内容

葬儀を行なうにあたって、必ず費用は掛かります。葬儀社の選び方で費用やサービスが異なってきます。故人にしてあげたい最低限の葬儀を行なうためにはどうしたほうがいいのか調べてみるのもいいでしょう。

もっと見る

葬儀の意味

葬儀を行なうには意味があります。正しい知識を学ぶことで葬儀を行なう本当の意味がわかることでしょう。人の死を受け止めるためには大事なことなので正しく勉強していきましょう。

もっと見る

葬儀の方法

葬式の大切さ

急に身近な方が亡くなった時、どう対処していっていいかわからず困る方は多いと思われます。
宗教や、国が違うことで葬儀方法も異なってきます。
土葬や、水葬、風葬などその他にも風土や文化によって葬儀の方法が違ってきます。
現在の日本は火葬という方法が用いられています。
色々な葬儀の方法があるので全部覚えることは困難です。
しかし、葬儀で失礼のないように最低限のマナーは覚えていきたいです。
宗教などがことなることで、香典や焼香の仕方も違ってくるので事前に調べていくことが大切です。
住職の方が、前もって説明する事もあるのですが念の為に調べていくほうが良いでしょう。
最近では、インターネットなどで宗教別に詳しく葬儀のマナーなどが載っているので参考にするのもいいでしょう。

葬儀の移り変わり

昔は会社の組織や地域全体で葬儀をしてくれていたので遺族の方は、流れに任せて葬儀を行っていました。
その為、葬式の費用が多額になることもありましたが地域や会社全体で行っているので香典でまかなうこともできていました。
金額の部分も、葬儀の段取りをとる心配もないことで遺族の方は心から亡くなられた方の供養をすることができました。
近年では、高齢化や核家族が増加していることで葬儀を他人に任せて行なうことも出来なくなってきています。
その為、大人数の参列者を期待できずお金を掛けて葬儀を行なうことが出来なくなってきています。
昔から行われていた、伝統的な葬儀からかけ離れている傾向にあるといえるでしょう。
しかし、家族だけで葬儀をすることが出来るようになったことで、心から故人の冥福を祈ることが出来るようになりました。
残された家族が大変な想いをすることを望む故人はいません。
心から見送ることのできる葬儀が今求められている葬儀でしょう。

終活ノート

生前にどういった葬儀をしてもらいたいかを、書いていく終活ノートがあります。終活ノートがあるだけで葬儀社の選び方や、葬儀の方法などが悩むことなく選んでいくことが出来ます。

もっと見る